ちょっと嬉しいこと

 

子ども塾担当の谷口です。
今日は、子ども塾にまつわるちょっと嬉しいお話。

嬉しいお話とは言っていますが・・・
嬉しいお話と言っていいのか?悪いのか?少し悩むところですが・・・

カフェデコラソンさんの2階をお借りして、子ども塾をはじめて半年が経ちました。振り返ればあっという間に時間が過ぎているという感じです。

カフェの2階という場所の特性もあり、様々な方々に子ども塾のことを知ってもらう良いきっかけをいただいているのですが、最近は子供の体験のお申し入れをいただくよりも、自律教育に興味のある学生さんや社会人の方から見学のお申し入れをいただくことが増えています。

塾の経営的に考えればきっと子供の体験の申し入れが増える方が嬉しい話のでしょうが、そもそもこの子ども塾は経営のことはあまり考慮せず、どちらかと言うと知ってもらうことの方が重要なので、学生さんや社会人の方に興味を持っていただいているこの状況はとても嬉しいことなのです。

あとその機会をいただく中で、見学された方の皆さんがとても似た感じの反応なのでご紹介します。
一番多い感想は、断然「難しそう!」ということです。

もう少し詳しく説明すると「子ども塾では、学校のように子供達に答えの導き方は一切指導はしません」

行うのは「答えを導き出すためのヒントのようなものを与えます。それも教えるのではなく、声掛けにより気付くタイミングを与えます。」

だからきっと何をしているのか自体が、見ているだけでは理解できないので「難しそう!」とおっしゃるのだと思っています。
でも、間違っているかもしれません。

まぁ、理由はどうであれ興味を持ってもらえるのは大歓迎ですので、もしも興味があられる方がいらっしゃいましたらどんどんお申し込み下さい。
お待ちしております。

 
最終更新日:2021/04/28(水)21:52
 

マイページ

 

考えるということ

創旅 プロダクトリーダー

創旅 プロダクトリーダー
「考える」ということに真剣に向き合い、チャレンジすることは様々なわからないことから解放されます。

ただ、正しく「考える」方法で探求し続けるだけです。